<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ある時

ある時、友人と話していた時、こんなことを聞いた

それは

『ほがらかおじさん』のこと

昔、札幌には、ほがらかおじさん、と呼ばれていた人がいたそうだ


友人に聞いた

ほがらかおじさんは、いつも街中の大通の交差点あたりで
女装をして、ラジカセを持ち、松田聖子の曲なんかをかけながら
カラオケをして踊っていたそうだ

それも朝の通勤ラッシュ時だったりで、
人とぶつかったり、通勤してる人から見れば
『歩行の邪魔をしている』とも、見えたそうで

友人もまた

『朝のこの時間に、なんでこんなとこでこんな事してるんだ。邪魔だなぁ』と

そう思って見ていたそうだ


警察にも止められたことがあり、

そんな父の姿を見て、子供や奥さんは家を去ってしまい
仕事としていた自分のお店もなくなってしまったそうだ


でも

それでもほがらかおじさんは

その女装をして歌を歌って踊るのをやめなかったそうだ

そして、
次第に『ほがらかおじさん』と呼ばれるようになったそうだ




だけど、歳月が過ぎ

友人もいつの間にか

ほがらかおじさんを街から見なくなったそうだ


ほがらかおじさんの姿を見なくなってから、、、、

ほがらかおじさんが亡くなってしまってから、


友人は、昔の雑誌、、、、フリー雑誌か何かを見ていた時に

ほがらかおじさんがまだ、街中で踊っていた時に
受けた取材の記事を見つけたらしい

その記事を読んでいると

『なぜ、そのようなことをしているんですか?』

という問いに、

ほがらかおじさんはこう答えていたそうだ


『世界平和のためにしているんです』

と。

ほがらかおじさんは、ある時、社会の流れをみて、

『このままじゃあぶない、だめになる』と思ったそうで。


友人は言った

『ほがらかおじさんには、分かっていたんだな、
あの頃からこの社会が急激に変わり始めてしまい出していたこと
そして今、社会はこうなってしまうことを』


ほがらかおじさんは
『ぼくがこうしてると、みんな僕の姿をみて笑うでしょ?
そうしたらほがらかになるでしょ?』
と言った


そして


最後にこう書かれていたそうだ

ほがらかおじさんが言ったことは、


『昔はね、10個のパンがあったら、

 10人みんながそのパンを食べれたんです。


 だけど、

 ある時突然、その中の1人が、

 急に走り出して、10個のパンを全て取ってしまった。


 そうすると、他の9人もパンを取るために慌てて走り出し、

 みんなが、よーいどん、で走り出して、競争しだしてしまったんです』


と。



_______________________


この今の時代しか、私は生きていないけど、
せわしくて
いろんな悲しい声が聞こえて

なぜこんな風になってしまったんだろうかと、考える

生きる事は、こんなにも複雑にいろいろな事を
考えなければならなかったのだろうかって。

人が、本来持っていた『生きる為の知恵』は、どんどん変化していく。

_______________________



友人はその記事を読んだ時に深くこう思ったそうだ

『あの時、なぜ自分は、

 ほがらかおじさんに声をかけなかったのだろう』

と。
[PR]
by kasumi231art | 2011-06-21 23:13 | 日々のこと。
It's all right.
アトリエにラジオをが届いた。
届いた後に知ったのが、
iPodも繋いで聞ける。携帯も繋げるらしい。
でも私は携帯はメールと電話しかつかわないので、よく分からない。
だからアトリエの2階で使ってラジオかけてる。
なんか少しだけ、ほんの少しだけ、景色が変わった。

アトリエの一階にこもって絵を描く時はIPodで音楽を聴く。
iPodには400〜500曲くらい入れてる。
シャッフルだから聞きたい曲がある時は、ひたすらボタンを押して探すしかない
曲名が分からないのも入ってる。ジャンルの区別がちょっと私にはよく分からないが
ロックってのも入ってると思う
昔の曲が好きだ

曲を探すのは始めだけ、あとは何がかかっててもいい

音楽は、今の世界との遮断する為の大切なツールでもあって。
絵の世界に入り込んでしまう為の一つのツールでもあって、
そっちの世界の方に入ってしまえばで
ヘッドホンから聴こえてくる音楽も「音」に変わって
なんの曲が流れているかもわからないようになる。
音楽とその空間が一つになる。
ただ遠くでなんか曲が流れているな、と。そんな感じにもなったりもする。

でも音楽にのって唄いながら描く時もある。
それはそれで、絵の世界に入り込んでいられる。
とても気持ちがいい。音楽と一つになってその空間は自分独りだけになって
とても気持ちがいい。

毎回そうなれればいいけど、そうなれない時もあったり、
そこの世界に行けるまでに時間がかかったり、
時には音楽がない方がいい時もある。

だけど音楽は本当にいい。そう思う。

私は私らしく、自分を貫けばいい。


やはり独りこもる世界が大切なのだ。
どんな時間であれ。



____________________________








Dont't think twice.
It's all right.



_Bob Dylan
[PR]
by kasumi231art | 2011-06-18 15:17 | 日々のこと。
not title
いろいろなこと

ひとつずつ いっこずつ 整理して

進んでいかないと

まずは少し深呼吸でもしないと

時間はどんどん過ぎてゆく
[PR]
by kasumi231art | 2011-06-14 14:22 | 日々のこと。
not title

日本人は胃腸が弱いって、


昔、ふんどし先生が歌ってたよね。
(本当かどうか知らないけど。。。)

ぃたた。;_;` これはつらぃ、、、、
でも、肩こりや花粉症もつらいですよな。


HPの方、ちょっと前ですが、結構リニューアルしました。
ひどくほったらかしだったんで。
まだ準備中でリンクしてないページとかもあるのですが、
作品などのworksページは結構更新しました。
今後は、HPの中にブログ欄作ってやりたいのだけど、、、
私の今使ってる、HPソフトではそれが出来ないらしぃ。。。;_;


でも新しくリニューアルしたらちょっとこれからもちょくちょく
更新していく気になったので(笑)
よかったらHPも見に来て下さい。^^
HP:Atelier"KASUMI"
[PR]
by kasumi231art | 2011-06-10 00:15 | 日々のこと。
not title


e0142346_23225651.jpg


この子はうちのアトリエ用のしゅんさくです。
身長8cmくらいで、お家の部屋にいるしゅんさくの何十分の一だろう。。。



やっぱり、

行動して、たとえうまくいかなかった悔しさよりも

まず行動をも起こさなかった後悔の方が何十倍も大きい


でも

それだけじゃない時も


ある。
[PR]
by kasumi231art | 2011-06-07 23:28 | 日々のこと。
2011年-桜
e0142346_2143015.jpg


先週、ようやく近所の桜並木道を見に行った

ここの道の桜の機種は、咲くのが少し遅くまだ満開ではなかった

でも、今年もまた桜の季節がきたんだな、と思う。

時がゆくのは本当にあっという間に感じる。


e0142346_216633.jpg



桜の咲く空を眺め。。。地に目を落とすと、
そこはドングリでいっぱいだった。


e0142346_21659100.jpg



桜の絨毯になるのはいつ頃かな
[PR]
by kasumi231art | 2011-06-04 02:17 | 日々のこと。