<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
お花見♪
桜の下で、お花見。。。。。




したそうです♪私でなくて、甥っ子が♥笑


お花見してる時に、お姉ちゃんが写メを送ってくれて
あまりに可愛くて作業の合間に最近何度もみてるょ♪笑

ミニトマト持ってるー、野菜が大好きみたいです♪


e0142346_23141756.jpg





一緒に写ってるばいきんマンのぬいぐるみ持っていったんだねーかわぃー♥

このばいきんまんのぬいぐるみ、ちょっと前まで私の部屋にあったんだけど、
こないだ来た時に、持ってかれてしまいました。笑


『ばいちんまん』って言うんだょー!

あんぱんまんは


『ぁぱまん!ぁぱまん!』って言うー!♥

こないだ来た時にYouTubeであんぱんマンマーチの映像見せてあげたら
すごいよろこんで
ばいきんマン出る度に『ばいちんまん』って指差して言ってたー!♥

で、映像終わったらちっちゃな人差し指たてて
『もっか、もっか』(もう一回ってことです♪)って言ってくるんだー!♥


ちなみに私のことは『かすみ』でなくて『かち』って呼びます。笑

『かち』か『かじ』。笑

ちなみに鍋スピーカーのうちのお父さんは『じじ』。笑




つぎに
YouTubeで

アリコリズム体操・・・ん?

アリゴリズム・・・・か・・・?

アルコリズム・・・?

アル・・・アル・・・・アル、、、、、、。


・・・・・・。




♪こっちみて、みんなで前ならえー♪ってやつ!笑


黎も一緒に踊りだして、


♪手をよこに〜あらあぶない〜頭を下げればぶつかりません〜♪って


とこで、ちゃんと歌に合わせて頭を手でおさえて、ちょこっってしゃがんだ・・・・・♥♥♥






かぶりつきそうになりました。笑



黎がモデルになった
モデルじゃないんだけど。。。モデルなんだな、、、姿が黎!
姿が黎そっくり!

つまり髪の毛がくりんくりん!!

の絵を描いた仕事しました^^



6月に入ったら紹介出来ると思います♪

ぃや。。。6月の半ばくらいかな、、、

もうちょっと前かな。。。後かな。。。♪←なにこの曖昧さ。笑
[PR]
by kasumi231art | 2011-05-23 23:42 | 日々のこと。
non title

やっぱり すべてのことは繋がっていて
それが不思議とみえてくるような
感覚を感じる時がある

深くふかく掘り下げて行けば 
本当のこころのままに行けば
自分がまっすぐにうなづく 


自分が信じた
こころのままの事を
まずは行動にして、
動いたのなら、後悔はしないさ
[PR]
by kasumi231art | 2011-05-23 01:26 | 日々のこと。
久しぶりに。。。。
久しぶりに昨日、日生ビルのstation999の方へ行ってきましたo^-^o

実は、個展終了後も、お店の入り口近くの棚の一角をお貸りして
作品を置かせて頂いてたのです♪

でも個展終了後は絵本の見本や(注文受注はしてました♪^^)
ポストカードくらいしか置けていなく、

ずっと気にしていて、やっとやっと!!新しい作品追加できたょ♪

その作品の紹介は、


引き続き、、、、

もう一個の個展用に作ってたブログ『Atelier』で紹介しました♪

これからも新しい作品を追加して、『Atelier』のブログも更新していくので

ブログ【風と星をさがす旅】と【Atelier】の両方、

覗いて頂けると嬉しいです♪

まずは昨日新しく追加しに行った作品紹介を載せたので
【Atelier】ブログの方、見に行ってもらえると嬉しいです^^

BLOG:【Atelier】




こっちでも写真一枚だけ載せます♪^^
こんな感じです♪


e0142346_23491639.jpg

[PR]
by kasumi231art | 2011-05-21 23:49 | 作品
その気
今日一つの仕事を終えた

仕事、というよりも自分自身の絵のように描いてた絵だ

2枚描いて、それからまた1枚描いた


無事に終えれて ・・・今 脱力感のようなそんな状態

でもまた明日からがんばるけど、絵を描き終えるといつもこんな感じ
抜け殻のようになる

無事に終えれて、よかった


の、一言


です。


そんな今日、アトリエから帰ってきて、ご飯を食べながらテレビをつけたら
ある番組で流れてた言葉がとても素敵だった

その人が素敵だった

70歳を過ぎた人だった

アフリカの地で住んで、仕事をしてる日本人のドキュメンタリー


__________________________________


アフリカを訪れると、初めての人でも不思議な懐かしさを感じる。

人類が誕生した大地であり、時間がゆっくりと流れているからだ。

__________________________________


アフリカは人類の生誕の地、なのだ



その人はこんな事を言っていた
(このようなこと、です。すみません。)

『夢は寝ているときに見ればいい、

 大事なのは目的と目標だ

「老い」や「若さ」は関係ない。

 大切なのは「その気になること」。

 この土地で人類が最初に生まれた


 この地にいた猿達、


 ある時、その気になって立って歩き出した猿がいた


 それを見ていた周りの猿は

 『なんだ?』と思って、真似をしだした。


 そしたら、猿たちは歩けるようになった


 ある時に、その気になってトコトコ歩き出した猿たち。

 そうして人類は誕生した。


 自分たちの祖先は、その、「その気」になった猿たちなのだから




 自分たちだって、その気になれば、なんだってできると思う』




 と。








その気になれば、なんでもできる、そう思う。


うんうん、と自分でうなずいてたその矢先流血。いたいょー。泣
[PR]
by kasumi231art | 2011-05-20 01:22 | 日々のこと。
なべ

ある日、


父の部屋に



なべがあった。



e0142346_0254764.jpg







でもそれはけして、

違和感あることではないです、我が家では。

(一応まわりぼかしたけど散らかってる様子ばれますね。笑

 父の許可とってません。ばれませんように。笑)




もし、私の部屋や、お姉ちゃんの部屋に


この鍋があったらびっくりしたり


『なんか料理作ったんか?隠してるんか?』ってなるけど、



父の部屋にあっても(床にあっても)


誰も気にせず、違和感もないのです。それが父の部屋。

部屋と言うより、、、、お父さんの性格か。。。。






e0142346_0151642.jpg




でもこれ、ただの鍋じゃなかった

ただの鍋じゃなくなってた




e0142346_0155461.jpg




父いわく、『鍋スピーカー』




これが父の部屋にあってから、なんか小田和正がよくかかってるなと、

しかもちょっと大きな音で、なんでだ、、、、と思ってたら、


これでした、『鍋スピーカー』・・・を、自慢したかったんだと思う。




『なんで・・・・・鍋に入れてるの。。。。?』って聞いたら、


『なんでって!すごいじゃないかぁ!!鍋から幸せがあふれてくるんだぞぉ!』

と、小田和正かけながら、

鍋スピーカーの蓋を開けたり閉めたりして

音の強弱、、、蓋を開けると音が大きくなってく様子
(これが幸せが溢れでてくる瞬間らしく)

を何度も繰り返す父でした。




(後からお姉ちゃんに聞いたことは、お母さんが古くなって
捨てるって言った鍋をお父さんが拾ってきて、何かに使えないかと思い
部屋に置いといたら、スピーカーにすることを思いついたそうです。)









なにがすごいって、スピーカーがすっぽり鍋にジャストだったのがすごいよね。笑






_________________________________________



最近買った本!いろいろあるけど、『ボブ・ディラン自伝』

これとNARA NOTEはいつもベッドの頭の上に置いている。

自伝読も。
[PR]
by kasumi231art | 2011-05-19 00:24 | 日々のこと。
Where go mom?




e0142346_12194467.jpg







Where go mom?


e0142346_12201346.jpg









シロクマ親子、かわいぃ^^



ふぃ〜。。。。。。。。どうしたらいいもんだかなぁ。。。
[PR]
by kasumi231art | 2011-05-08 12:22 | 日々のこと。
もうだめかと思った・・・
もうだめかと思った・・・

なにがって感じですが、、、
さっき、ついさっき、漢方吐き出すかと思った本当に、、
吐き出してません。。よかった危ないあぶなぃ。。。


学校を卒業して4年くらい経ちました
あっという間ですね、もう4年なんですね、もっとあったような、もっと短かったような
でももう今年24歳になります。ぁわわわわ。。。。

でも確か20歳の時に『22歳でアトリエ持つ』って決めてたんです
それを、形にできた事はやっぱり嬉しかった
20歳の時に、
「21。。。はまだ早い、22歳だ、22でアトリエを持つ。」
そう決めたんです、
だからってそれで焦ってとかではないけど
自然とそういう流れになれて、
23歳になる3ヶ月くらい前にアトリエを持ちました

でもいろいろあったなぁ
楽しくアトリエの部屋を探してた、訳ではなくて
正直、逆だった その時の心境や体調は

でも結果的にアトリエを持てた事は本当によかったんだ

この作品↓

e0142346_151959.jpg


これ、学校を卒業する前、最後に創った作品なんです。

で、これを創ったあとに思い出した事。

実は、学校に入学する前に、課題みたいのが出て
その中の一つに『自画像』を描くっていうのがあった

その他にも課題はあって、A4のファイルにまとめて入学する時に提出した。
そのファイルを私は卒業する前に
むりしゃり先生に頼んで、探してきてもらって返してもらった。笑 すんません。笑

だってきっと倉庫の奥とか何かの下積みになって忘れられるから
自分でもっておきたくて。笑

それはいいとして、その自画像、、、つまり6年くらい前に描いた作品
自画像っていえるのか。。。三等身の女の子の自分を描きました。笑

この頃に3等身の子描いてたんだな。

その自画像に、私、言葉も添えてたんです。言葉というか、5つの文字『自分らしく』。

その自画像を囲むように、書で『自分らしく』と描いていた。

6年前、入学する時、卒業する4年前、無意識にも同じ言葉を描いていた


そして今、

今でもこの言葉は自分でも大切な言葉だった はずだった

大切にしてたはずなんだけど、


忘れてた

私、いろんな事、気づかないうちに忘れてた



卒業して、すぐにフリーの道を選んだ

ほとんど何もわからなくて
お金のことなんてさっぱり

領収書と請求書の違いとかも知らないようだったから。笑



私が描いたポストカード『遊書で奏でるものがたり』というシリーズがある
これは32種類(今では50種類以上あるけど)

一番最初に創った32種類は、女の子が心の旅に出るという物語で創ったものです
在学中の19歳の頃に描いた


このカードを見るたびに思う

当たり前だけど、今でも、絵の技術は、まだまだ下手です

それでも

この世界に飛び込んで、技術が全てじゃない事も
自分なりに感じた

それでも、やはり技術を高めたいとは思うので、
自分でも悔しいと思う日々は続きます
(これはきっと描き続ける以上ゴールなんてないんだろうな)

だけど少なくとも、この時、19歳の頃より、描けなかったものが描けるようになった自分もいる
多少は、、、、きっと、、、うん

でも逆に描けなくなったものもあるんだ、多分

だから、技術だけの向上を求めてるんじゃなくて、

なんていうか、うまくいえないけど

深みというか、、、、なんというか。。。

でもそれは生きる事が絵になると思うから、
これから深めていけばいいと思うんだ(・・・なんかここら辺ですでにもう意味不明の文章。
自分には分かってるから
自分しか分からない文章の下手さだ、、、書き直す余裕もない。。。)



でも、忘れていたのは、そういうことじゃない

そういうことじゃないんだな


もっともっと『描く』っていうその前にあるものだった

前なのか後ろなのか?それはわからないけど
比べるものでもないんだな


『自分らしく』


ただこれだけなんだなつまり


制作に、楽しみだけじゃない他のもの

孤独感とか疎外感とか不安感とかいろいろあるよ、恐怖感とか

でもそういうんじゃなくて


そういうのではなくて
私はあの頃、今よりももっと何もしらなくて

何も怯えていなかったんだと思う
制作する事に対してでなくて

知ってる知らないじゃないな、

でも思い出しているんだ今


あの頃のこと

そしてただ思い出すだけじゃなくて
あの頃に戻ろうと思う

戻りたいと思う

ここで戻れるかは、自分との闘いで

ひたすら自分との闘いで

ここで戻らなければいけないんだ


でも、
戻る戻らないではないのかもしれないな、言葉は時に厄介だ、ぅ〜ん



少なくとも、今

それを思い出すきっかけをくれた人の言葉とある物語に感謝したいと思う

今、そのある人の言葉や、物語に出逢ったの偶然ではなく

それを教えてくれたんだ




偶然じゃないんだ、すべてが

そう思う



だからって今の自分の全てを否定する訳でもないし
あの頃の自分の全てがよかったとかそんなんでもないけど、


でも今自分が向き合うべき事の想いと自分との闘いを全て

これから描く2枚の絵に

この6年間と今の想い全て魂込めて描ききれたらと、そう思う





それがきっとこれからの自分の大きななにかに変わっていくと思うんだ
[PR]
by kasumi231art | 2011-05-01 01:35 | 日々のこと。