<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
お団子①
e0142346_17533573.jpg



私がお団子頭デビューしたのは
専門学校行ってた1年生の冬の頃だったので、19歳の時です(・∀・)ノ

今でも上手なお団子頭は出来ないけど、
髪が邪魔な時はいつもお団子にしてます。




それで、一番最初にお団子頭にした日、






e0142346_1755422.jpg




それを見た父の発言。















e0142346_175649.jpg


























e0142346_17574728.jpg








はぃはぃ、と、かまわなぃ。

(つまり何かしらちょっかいを出したがる父である。。。)








(お団子エピソードは②へ続く。。。。)
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-24 17:59 | 日々のこと。
LeTAO ドゥーブルフロマージュ木箱♪
最近めっきり仕事の事書いてなかった(°°;)

結構前になるのですが、
LeTAOさんの有名な ドゥーブルフロマージュのお菓子♪

そのドゥーブルフロマージュが、昨年の年末に期間限定で
木箱に入れられ(サイズもちょっと大きめで)
販売されていたのです♪

(確かお値段は1万円くらいとか。。。071.gif071.gif


e0142346_12244919.jpg





これです♪


これ、木箱なんですが、木にただ印刷、ではなく
木を彫ってあるんです!

だから触ってみるとぼこぼこしてる(^ー^)



e0142346_1226215.jpg




それで、私は、この右端のLeTAOさんの建物を描きました♪




買った方は食べ終わった後も、
何か違うものを入れて、箱を使ってくれてるといいな♪(^ー^)




e0142346_12275630.jpg




e0142346_1228845.jpg






LeTAOさんHP
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-20 12:28 | 作品
負けて・・・・



負けてたまるもんか


e0142346_139959.jpg




負けないぞ

どんな理由であれ

絶対に負けないぞ





負けてたまるか047.gif


動かないと思うから動かない

動かそうと思えば動くもんだ

甘えてるだけ

がんばって乗り越えたら、その先にあるんだから




負けるもんか

自分に負けてたまるか

いつだって最大の敵は自分自身


甘えるなよ047.gif

甘えてるだけだろう047.gif

まだ底力は残ってるだろう
わずかな力でも残ってるんなら、
それを奮い立たせて、
この壁を越えたら、きっとまた少し強くなれるよ

足が止まってしまったその時に、
そのわずかな力で身体を奮い立たせる事が
出来るかどうかなんだと思う

そこで自分に勝てたなら、


きっとまた少し強くなれるって信じてる




だから自分に負けるな047.gif



周りじゃない

自分の信念を強く持って

年齢なんて関係なぃ

自分の芯をしっかりと持って。
揺らがない事。

おごる事と、信念を貫く事は違うんだから。



負けそうなとき程、

声を張り上げて、地べた這いずり回っててでも


立ち上がってやる047.gif



負けない047.gif


大丈夫

身体もまだ大丈夫
動くから、自分を信じて



e0142346_1405792.jpg

[PR]
by kasumi231art | 2010-02-19 01:41 | 日々のこと。
自分らしく











e0142346_16335100.jpg

[PR]
by kasumi231art | 2010-02-16 16:33 | 日々のこと。
 Blakiston HP
e0142346_2116032.jpg



Blakistonホームページが出来ました♪
まだ完璧ではないですが、
プロフィールなどちょこっと書いてある程度ですが、
これから、ブログや作品が出来たらお伝え出来たらと思ってますので、
これからBlakistonもよろしくおねがいします♪





_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Blakistonは、
札幌で、イラストを描いたり、写真を撮ったり、デザインしたり、音楽を作ったりしています。
ジャンルにとらわれない、もの作りが大好きな北の街の小さなパブリッシャーです。

Blakiston   果澄 / 菅原英二




☞ Blakistonホームページ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


そして札幌駅のART BOXの a stratum 、明日、
きっとまた違う時代から新たなお手紙が届くと思います(^ー^)

みなさんどうぞ見て下さい♪

手紙と地層、地層に眠るもの、そして映像、なにか繋がるものが
見えてくるかもしれません(^ー^)
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-14 21:20 | 日々のこと。
永遠
e0142346_11113868.jpg


永遠ってどういう意味なんだろうって時々考える

終わりがないってどういう事かなって

宇宙に終わりがないってことを考えると、

終わりがないっていう事が想像出来なくて、怖くなる

ブラックホール。。。。とか、、、、
そんな事考え出すときりがなくて

布団に入ってそんな事考えてたらなかなか眠れなくなる、、、
(気が付いたら朝にはなってるが。。。)

それはきっと自分達の周りに永遠のものなんてないからなのかもしれないな


形あるもの、いつかは壊れるし、消えてしまう

自分もいつかは地に戻って、そこから咲く花になる


間違ってたとは思ってないけど
自分はどこへ向かうのかなって思う

人の心
心と体
体と影
影と光

架空の世界
違う世界

ここで生きる事 そこで生きる事

前に進む事も立ち止まる事もままならない


なにを一番に選ぶのか
そんなもの決める必要もないんじゃないのかって思うのに



もし、もし、永遠にここに生きられるっていう選択肢があっても

自分はきっと選ばないんだろうと思う



その為にも


すこしの間 ここから離れなきゃいけないのかなって

そう思うようになってきた

哀しいけど、前に進む為には、

離れなきゃいけないのかなって

それは、大切だからこそ、守る為に

いっぱい出て来た涙も、無駄にはならないって信じたい

前に進みたいから 守りたいから



誰かがこんな言葉を言ってたし、
本や何かでも耳にする言葉を

何度も何度も自分に言い聞かせてみる








「大丈夫。大丈夫。 神さまはね、全てきちんと見ているから」 と。
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-10 11:23 | 日々のこと。
 ART BOX ホームページ♪


e0142346_11353134.jpg



これからちょくちょく、a stratum の制作様子などイラストなどで
紹介していけたらと思ってます♪

今日の写真は搬入の様子です♪もっと本格的に作業してる時は
写真をとる余裕なんてなく。。。笑
上の写真は搬入を終えた辺りの写真です♪

左の人がプロデューサーのKさん。
真ん中が私で、
右が、搬入のお手伝いをお願いした私のお父ちゃん。
いやぁ〜。。。やっぱりお父ちゃん、、、すごいなぁ、、、
いつもいつもいっぱい自然に触れてる事もあって、お父さんはやっぱりよく分かってましたね。
すごいです。最近、馬の友達が出来たって喜んでるお父ちゃんです。
名前は『大次郎』っていうみたいです。



e0142346_11381465.jpg



こちらも搬入+作品の大事なお仕事をお願いしてた
A博士。。。。博士。。。Aさんです♪

Aさん、とても面白くて、いるだけで、その場の空気を面白くしてくれるお方です。笑
今回も、、、いろいろ笑わせてくれました。笑

Aさん、、、、私、がんばるょ、、、ふふふっ。
だからがんばってねがんばろうね、、、ふふふっ。
私も石狩行きたい!!AJにだまされたー(*△*)
黒板!壁画!描く絵!描きたい!から、お願いします!!!!


そしてそして。。。。作品は。。。。

JRタワーのアートボックスHPに載り紹介されてますので、
是非そちらをどうぞ〜♪

クリッククリック♪☞ART BOX


えーとですね、BlakistonHPがリンクしてあるのですが、今はまだ未完成で
ダミーの文章が入ってる状態です。。。爆
今週中にある程度完成させますので!!!!!・・・・・
・・・・・・ぁ〜ぁ、、、、言っちゃった。。。爆
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-09 11:47 | 作品
 永遠の遠国の歌
e0142346_231518.jpg



むかし 私はバレリーナ

だから 心の ドレスが今も揺れてる

今はひとりいつもあてなし



春の嵐の夜の手品師



私の誰にも見せない青い小箱

だから 今は なにも云わず じっと抱きしめて




明日は全てが判るもの 

あなたが夢見た全てのものが









e0142346_23174078.jpg





もちろん 今でもあなたが好きだわ

だから胸のフリルが今でも震える






e0142346_23183861.jpg



いつかは 誰もが 全ての謎明かし

春の明日に色あせていくのね


私の心の 誰にも見せない 青い小箱さえ


だから今はなにも云わず 私をゆるしてね

明日は全てが判るもの

あなたが夢みた全てのものが




だから今は何もいわずあなたの
あなたの想いをじっと抱きしめて





明日は全てが判るもの

あなたが夢みた全てのものが






e0142346_23241238.jpg











            あがた森魚 / 「永遠の遠国の歌」より “春の嵐の夜の手品師”
        

*********************************************************************************





人の心ってなんなのだろう

どこに辿り着くのか

人と人 心と心 

悲しいと思った

悔しさよりも とてもとても悲しくて


でも、私だって何も言えない

大切な人を傷つけてるのだろうか


人は傷つき、傷つけながら、生きているなんて言葉あるけど、



出来る事なら


傷つきたくないし

何より、誰も傷つけたくないんだ



誰だって、そう思って、、、そう思って。そう思って。。。。






人は


人は、本当に、、そうは 生きていけないものなのか







そんな時だから、そんな時だから人の優しさが
痛い程、涙とともに胸に染み渡る
疑ったり、注意深くしていかなければならないなんて悲しいこと

そんな中でそんな壁を一瞬で消してしまう程
なぜ、こんなにまで優しいのだろうと、
そんな人達の優しさに涙がとまらない ありがとう



明日になれば、今の寂しさも苦しみも、過去になり、

明日の空の下を生きているんだろう



明日には、今日の全てが判るんだろう


今は私を許してなんて、コトバ、簡単にいえないけど



精一杯生きるから

絶対に精一杯生きるから

私 精一杯生きるからね




みんなと同じこの空の下で、あなたと同じこの空の下で








描かなきゃ

描かなきゃ進めれない    私は描くことでしか進めないんだ
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-05 23:42 | 日々のこと。
 a stratum  地層とともに眠る記憶
e0142346_1711481.jpg



       


       a stratum  地層とともに眠る記憶




e0142346_17122266.jpg








      Dear you. 今、あなたに手紙が届きました。



e0142346_17134389.jpg







今、あなたの足下には何が見えるだろうか。
タイリングされた床やアスファルトの道路かもしれない。
でも、さらにその下には、温かな土や冷えて固まった溶岩や
火山灰や地下水脈があり、深い太古から続く地層があるのだ。
そしてその地層にはその時々の、想いや記憶が眠ってる。

今、私達には、その風景やそこに生きていた生物の
記憶や想いを感じることはできない。
しかし、私たちが立つこの足下には、
数億年の歴史が、記憶が、想いが、確かにある。

毎日、通勤や通学で通るこの場所の下にも、
その時代に吹いた風や、打ち寄せる波の音、
星々の煌めきや恐竜の声、人々のささやき、
誰かが書いた手紙、悲しみや願いを込めた瓶が、
どこからか流れ着いた流木が、誰かが、撮った一枚の写真が、
いくつもの人々の祈りが。
この不確かな時代の不確かな足下に、確かに眠っている。

このアートボックスの前を通る時に、
ときどきそんなことに想いを巡らせてくれれば・・・。

日々の繰り返しの中で、果たされなかった約束や
言葉にできなかった想いは、
いつかこの世界を覆い尽くすかもしれない。
そしてぼくたちは、やがて土に還ったり化石になったりして、
いつまでもいつまでもこの惑星に眠り、
宇宙を旅し続けるのだろう。






**********************************************************



丁度一年頃前に、ART BOXの表彰式がありました。
早いもので、、、、あれからもう1年が経ち、

そして先日、1月31日の真夜中1時、
無事に、札幌駅東コンコースARTBOXに作品の搬入が終わりました(^ー^)




【a stratum  地層とともに眠る記憶】

地層のBOXを創ったのです。
そしてそれはBlakistonが創った本でもあります。

いつの時代にも人々の想いや祈りや生命の声があって、

それは地層に、土に染み込んでいる気がします。



地層と記憶、人々の想う、人々の祈り、いろいろな事を考えて悩んで、
でもようやく辿り着いた想いを形に。

いつの時代も変わらずにあるもの。たしかなもの。
変わってゆくもの。変わらないもの。


確かにあるのは生命の想い。祈り。

今、自分が立つこの場所は、自分の想いだけがあるのではないんだろうな。

自分が自分に生まれる前に、

いつの時代かの地層にその時の自分の想いが眠ってるかもしれない。


そしていつの日か、私が土に還って化石になった、その土の上では
新しい自分が、新しい想いを抱いてるのかもしれない。

終わりがないようで終わりがあって、
終わりがあるようで終わりがない。

でも繋がってるのはきっと確かだと思う。



この作品を創ってる間、車庫が主に制作現場でした。
冬の車庫は寒くて2人で作業が出来ない時は一人で
作業をしてました。
水と土と、接着液とを素手で混ぜ合わせて手で固めていきました。

車庫で吐く息は真っ白。
寒くて寒くて。。。。

水を触るときなんか「ひっ!!(**;)」という感じで。笑

でも、土に混ぜてこねると、、、、


土は温かいんです。あったかかったです。

冷たいはずで、冷たいけど、温かいんです。不思議な感じでした。



いつの間にか、土に話しかけてる自分がいました。


「土ょ、、、お前はやっぱり生きてるんだねぇ。あったかいね。」

「君綺麗ないろだねぇ。」

「君はどこの土地から来たのかね?」

とか、いろいろと土に話しかけていました。


こんなに手を土だらけにしたのいつぶりかな。。。。とも思いました。


いろいろなハプニングの中も最後は2人笑って土に触れていました。



今、札幌駅に飾ってる作品、
見られた方は分かると思いますが、実は曇ってしまっています。

もちろん、予想外で起きてしまった事でした。
寒い中での制作。水分全てが乾かなかったのです。

今、その対策などでまだ動いてはいますが、

でも、自分は、土が、地が、地層が呼吸をしているように見えます。

何人かの方も言って下さった方がいました。

「地層が生きているように見えましたと」


もしかしたら、

「土は生きている。地層は、人々の、生命の祈りと記憶とともに
 生きている。」

そう、創った自分達にも、土自身が伝えたかったのかなと、

そう思いました。


もし、今、Blakistonのこの作品

【a stratum  地層とともに眠る記憶】

を見て下さった方が、
この作品を見て、足を止めて下さって、
心の中に何か残るものがありましたら幸いです。


そして、冬が終わり、雪が溶け、春がきて、温かな土の地面が見えたとき、

土に触れて土の温かさを、

自分達が立つ地を、手で触れて、土の温もりを感じてもらえると嬉しいです。





そして作品の傍にあるPOSTに入ってる手紙は、あなたへ届いた
過去や未来の地層からの手紙です。
どうぞ、受け取ってください。

14日置きに届く手紙が変わります。

そしてそれは、地層の中に埋められてるものでもあるかもしれません。


2月1日〜4月29日の3ヶ月間、
6つの手紙の物語が、一人でも多くの人の心に届く事を願って。






e0142346_17445462.jpg






■会期/2010年2月1日〜4月29日 8:00-22:00
■場所/JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX





Blakiston 果澄/菅原英二
[PR]
by kasumi231art | 2010-02-02 17:46 | 作品