<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
  あたりまえのこと。
e0142346_2010080.jpg


机の上がすごいことになってます。笑

もう机からはみ出しては色鉛筆が何度も床に落ちます。笑

そして頭の中もすごいことになってます。笑

いろんなものが入ったり落ちて行ったり・・・

でも、こんな小さい脳の中で

いろいろ考える事が出来るから、

人間ってすごいとおもいます。笑



今日は昼に自転車をこいで郵便局まで行ってきました。

なんだかまた寒くなりましたね。




そぅ、ブログのタイトル『あたりまえのこと』って

一体なんだって感じですよね。笑




ちょっと昔の話です。
(昔といっても、4年前の高校生の頃の話です。)



今までのブログにも何度か書いたように、

私は高校時代の、

神経や体をおかしくしてしまってた時の事です。



ちょっとした神経からくる障害を持っていました。

今は昔ほどではないけど、


高校時代が一番その障害が強く出てました。



すぐパニックになったりして、気持ちの面から

体に悪影響を与えてしまうというか・・・



お腹が痛くなったり、体の不調が出て来てしまうんですね。


人それぞれで、

私の場合は、動悸が激しくなったり、・・とか

そんな症状がでてきてしまうんです。


だから、人ごみとかも行けないんですね。





それで、あの時の私は授業中に椅子に座って、

1校時の授業を受ける事もすごく辛くて大変な事だったんです。





静かな場所、静かになる場所、



人に囲まれた空間・・・だめだったんです、私にとって。






だから席替えは

教室の壁側の席になることをただ毎回毎回祈ってました。




1時間の授業を受ける事がすごく辛くて、


先生の話なんて聞ける状態じゃないんです。笑


なんとか気を紛らわすために、ノートに絵を描いたり、

ただただ机にうつ伏せになって

時間が過ぎるのを待ってました。


だからテストなんてもぅ本当に逃げたいくらいでした。

勉強が嫌だとかじゃなくて、


あの空間に一時間も席に座ってる事が


もぅ、



苦しくて、



辛くて・・・。




だから別室受験も何度かしたこともありました。

家に帰ってはただただ泣いていました。



毎朝毎朝学校に行くのが憂鬱で、



何度も学校を休んだ事もあります。





そんな時思ったんです。



『ぁあ・・・ただ机に向かって座って、普通に授業を
 
        受けれる事はすごく幸せなことなんだな』  と。


あたりまえだと思える事は、


本当はすごくすごく幸せなことなんですね。




時間はかかりましたが徐々に体調が良くなって、

今までより普通の気持ちで授業を受けれるとき、




すごく嬉しくて、



しあわせな気持ちを知る事ができました。




ただ机に座って授業を受けれる、しあわせを。




あたりまえだと思えることは本当に幸せな事なんですね。


幸せとは、


誰が決める事でもなく、その基準は人それぞれ。


だから“あたりまえ”を自分の基準で決めて、

周りを見てはいけないんです。

自分が、多くの人があたり前に出来るからと言って

全ての人が出来ることではないんです。



だから出来ない事を馬鹿にしたり、



笑ったり、


たとえ些細な悩みと思えても、その人にとっては



大きな大きな辛い、悩みなんです。


だから、『たかがそんなこと』って思わないで、



同情するんじゃなくて、


一緒にがんばろうって話を聞く事が大切だと思うんです。








あたりまえに思える、その事が“しあわせ”なんだって、


高校生のあの時、知りました。





何でもそうですね。





たとえば、はじめは嬉しかった事も、

それがどんどんあたり前になったりすると、

人間はその事に慣れて、


今度は


もっと、もっと、と考えだして、


本来の感じた幸せを忘れてしまうんですね。




仕事にかんしてもそぅ、


人にたいしてもそうですね。



その人がいる事があたり前と思うと、




感謝の心を忘れたり、

欲が出て来たりするものです。




自分の周りにいてくれる人、毎日ご飯が食べれる事、

自分の足で歩く事ができること、


そして、



ただ机に向かって座って絵が描ける事、




幸せをいっぱぃ感じていきていきたいと、



その心を思い出さなくてはって思いました、今日この頃。笑


大切にしょぅ、私の周りにあるもの。

大切にしよぅ、私の側にいてくれる人を。







そして、



お母さん、ありがとぅ。



お母さん、高校時代のとき、あの辛かった時期、



いつもいつも支えてくれたね。



『授業辛いとき、絵を描いたらどうだろぅ?

  こんな事考えたらどうだろぅ?』 って・・・






私と一緒に必死に考えてくれたね。








そしてあるテストの日の朝、


もぅ限界。学校行けない。って泣きじゃくる私の背中を

優しく強く愛情をこめてさすりながら、






『果澄、

 テストなんてどうでもいいの。


 点数なんかとれなくていぃ。

 
 0点だって、お母さんは怒らないょ。


 ただね、がんばって行っておいで。


 テスト始まったら、すぐに机にうつ伏せして寝ていいから。


 テストの裏にずっと絵を描いていたっていいから。



 辛くなったら別室受験になったっていいから。



 

 ただ、その場にいるだけでいいの。


 果澄、がんばれ、がんばれ。』



 


 って、そう背中を押してくれたね。


 


 お母さん、私はあの時逃げなくてよかったょ。



 お母さんのおかげだょ。



 
テストが終わって、喜んで、お母さんに電話したね。

 




あの日々は私がちょっと強くなるために


 



与えられた、大切な日々だったんだね。



 



 そんな日々から生まれたポストカードがあります。



 “  豊   ”というポストカーでです。



 




『 あたり前だと思えることを

     心からしあわせに思って、


    与えられたもの全て、

  感謝して受け入れられる、  


      豊かな心をもてたなら。』




 


大切にしょう、幸せに思おぅ、


   
“あたりまえ”とおもえることを。




本当は“あたりまえ”のことなんて

       ないのかもしれないですね。
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-28 21:08 | 日々のこと。
 初☆狸小路路上♪
e0142346_18255145.jpg


今日は夜8時過ぎから初☆狸小路路上しました♪

本当は色紙に字を書こうと思ってたんですが、

今日はまだ寒くて・・・


手が動かなくなりそうなので・・・色紙はまた今度にしました♪



路上仲間の倉田さんの横で一緒にやらせてもらいました♪

倉田さんとは、去年、

路上で倉田さんが写真を売ってる時に声をかけて

知り合いになり、

去年のイベントに誘ってもらいまいした☆


倉田さんは全国を路上で廻ってる方なんです(^^)



私は倉田さんの横で、一人で・・・


いや、一人と二匹で(笑) 初☆狸小路路上デビューです♪








2時間くらいいて、何人かの方が足を止めてくれたり

ポストカードを買っていってくれました☆

ありがとうございました♪



どっかの若い酔っぱらったお兄さん達二人が来て、

私の前に正座して座り込んでしばらく長居してくれました。笑



『買ってあげたぃ気持ちがいっぱいなんだけど〜
 リアいに財布忘れたんだよねぇ〜おれ。』

『お前まじかょ・・・俺は・・・
 (ポケットをがさごそ・・・)100円しかねぇ・・
 100円じゃ何も買えねぇ・・・。』

 財布を忘れたお兄ちゃんが鞄をがさごそ・・・

『これね、学校の追試のテスト。78点なの。
 これとポストカード交換してもらえなぃ?』

果・『いやぁ〜ちょっと無理ですねぇ。笑』

また鞄をがさごそ・・・次は何かゼンマイ式のおもちゃをとりだして
ねじを巻き始めました・・・。
『これね、ハッピーセットのおもちゃ。
 だけどね、これは想い入れがあるからあげれないの。』


果・『はぁ・・・。そうですか。笑』


またがさごそ・・・

『これはおれの靴下!ソクシーズって名前なの!!』



ぅ〜ん、、、完璧に酔ってますねぇ。


ぁ!お兄さん達がてんてんに気がついた!!!


『ぁ!!なにこれ!!!
 これなんて名前なの!?』


果・『これはてんてんっていうんです♪
   こっちはでんでん♪です♪』


『じゃぁ〜てんでんだぁ!こっちはでんてん!
 ぁっ!カードにテンテン書いてる〜!!』



なんて20分くらい私の前に正座して最後は

『これね、香水。おれもう使わないから置いてくね』


って、てんてん達のそばに香水を置いて帰って行きました。笑


お兄さんお金ないのに帰れるの?笑

気をつけて帰ってくださぃ。笑



ってこんな感じで、初日終了。


もちろん、他にもちゃんと声をかけていろいろ話をして

『がんばってくださぃ☆』って

言ってくださった方もいましたょ♪



これから路上頑張っていきたいとおもいます♪


みなさん、色紙に字を書いている小さな女の子がいたら

それはきっと私です♪

ぜひぜひ気軽に立ち寄って声かけてくださぃ♪


てんてん達と笑顔でお迎えします♪
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-26 18:24 | イベント
 わぁ〜ぃ、そら先生♪ 


今日はてんとでんを連れて、

専門学校時代に知り合った(学校の先生でもある)

イラストレーターのそら先生の事務所、ノースベースさんへ

遊びに行ってきました♪




どきどきどきどき・・・・・




と、事務所に入るまでは緊張していたものの、

中に入ると、みなさんとても優しい明るい方達で

とてもとても楽しぃ時間を過ごせました☆


勉強になった事もたくさんあったし、

なによりもっと前向きに頑張ろうって

気持ちになれました♪



そら先生、寅松さん、中野さん、


本当に本当に今日はありがとうございました♪


事務所の雰囲気がとても素敵で楽しくて明るくて、


私もいつかこんな笑顔溢れる事務所をもちたいなぁって思いました♪


みなさん、とっても素敵な方でした♪


ただ、しろくまくんとくろくまくんに会えなかったのが残念♪笑


ノースベースさんのホームページです♪↓
http://north-base.com/







そして、最近・・・・・


本を買いました♪



e0142346_23304931.jpg


(ちなみに本を持ってるくまのしゅんさく君は
             夏服に着替えました♪)

『MDN DESIGNERS FILE 2008』って本です♪

いろんなデザイナーさんが紹介されて、

そのデザイナーさんの作品が紹介されてる本なのです♪



本を見ていっぱぃデザインの勉強するぞぅ♪







しゅんさく君もデザインの勉強中です☆
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-24 23:35 | 日々のこと。
名前


4月13日、14日、JRタワーホテル日航 札幌で、

山一屋さんの春の展示会、会場にて似顔絵のアルバイトをしてきました♪


e0142346_0563252.jpg


こんな立派な机で書かせてもらぃ・・・・

背中の方には、




今まで書いた、社員さんの似顔絵付き色紙を

飾ってくれていました♪



もちろん、

このちっちゃい二匹ちゃんも連れて行きましたが、



e0142346_0593791.jpg




明らかに会場の雰囲気に反するため、

イベント中はずっと鞄の中でお昼寝させてました♪笑




私は専門学校の一年くらいから、

色紙に字を書き始めました。

アートマーケットやイベント、学祭にて、

その場で、字を書く、

“書き下ろしパフォーマンス”ですね。


頼んでくれた人の

“名前”と“詩”を書きます。

“詩”と、言うより、

私から見れば、“贈る言葉”です。


瞬間にその人がどんな人なのか、

初めての人はやっぱり深くは分からないし、

まだまだ経験も浅くて

偉そうな事も何も言えるもんじゃないし・・・

ふっと思った時、

私はその書く言葉達に、

その人の名前の漢字を使った詩を書く事にしました。




名前って、

きっとほとんどの人が

お父さんやお母さん、

あるいは、おじいちゃんとかおばあちゃんが

愛を込めて、

命名してくれたものだと思います。



だけど、私はそれだけじゃない気がするんです。

きっと、きっと、

名前には、親がつけた以上に

もっともっと、奥深い意味が込められてるものだと

思うんです。

神様が素晴らしい意味を、それぞれに込めて

与えてくれたものだと思うんです。


私はその深い意味までは知る事はできないけど、

もし、

その人の名前の漢字を使った詩を書いて

贈る事が出来たなら、


『私の名前でこんな詩ができるんだぁ(^^)』


って喜んでもらえるかなって思って始めました。


『あなたの名前にはこんな意味も含まれているんですょ。

 だからあなたはこんな素敵な人で、

 こんな素敵な人になれるんですょ。』


って、偉そうだけど、


でも、そう思って、喜んでもらいたくて、

一人一人想いを込めて書いています♪



今まではだいたい150人くらいの方に書いてきました。


漢字って素晴らしいですよね。

漢字の成り立ちなんか見ているとすごく面白いんですよ。



今回、似顔絵を描きながら、

はっきりとは言えないけど、


こんな人なんじゃないかなって思いながら書いていると、

自分の名前の詩を読んだお客さんが

『よくわかったね。本当にこんな性格なんだょ』って

喜んでくれたのがすごく嬉しかったです。






そう、私がこの色紙に名前を書いた一番初めは

専門学校1年生の時に参加した、

芸術の森アートマーケットで出逢った方でした。

初めてだったから、すごく緊張して

手が震えたのを覚えています。


その方は乳母車を押していたお母さんでした。

そのお母さんは、こう言いました。


『色紙に字を書いてもらえますか?

  この子の名前、

     “命名 花乃子”

    って、書いてもらいたいんです。』












今、私はこの『果澄』と言う名前が大好きです。

親が愛を込めて付けてくれ、

そして、

その奥にひろがるもっともっと深い意味が

込められているはず自分の名前を





もっと誇りに思って、




もっと愛していきたいです。





だからみなさんも、








どうか自分の名前を心から愛してくださぃ(^^)







来て下さったたくさんの方々、山一屋さんの皆様、

この度は本当にありがとぅございました(^^)




      




そしてそして!!!!!!!


北原さん、本当にわざわざ来て下さってありがとぅございます♪

北原さん、さすが北原さんです!!!笑

4プラのイベントも、芸森アートマーケットも終了10分前に、(笑)

そして今回も!!!!!!!きちんと来てくれました!!


北原さん・・・忙しいのに本当にありがとうございました・・。

ほんとうにジーンとくるほど感激したんです。笑


そんな北原さん、

『おれは今年からちゃんと断れる人間になるって決めた!』

って言っていました。笑


北原さん♪またイベント誘うんで、忙しくなかったら

また来てくださいね♪


今度は渡辺さんと、高橋さんを引き連れて♪笑
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-17 01:33 | イベント
    たかぃ
e0142346_19563670.jpg



   たかいたかい36階から
       この街を見下ろしていました。

 
 何だか、自分のしている事も、今いる場所も

           よく分からなくも、なるものです。



    


         鳥さん、あなたの目に、

 
            この世界は


       こんな風に映っているんだろうね。



          
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-15 20:03 | 日々のこと。
  春展♪



今日はお友達のまなかちょんの、グループ展に行ってきました♪

アートマンギャラリーでやってる、春展です☆

まなかちょんは専門学校からのお友達だけど、

お互い、良き仲間で良きライバルで

まなかちょんはとても面白くて、

私はまなかちょんが大好きです♪笑

若奈も大好き♪笑





まなかは今回の作品は樹脂と段ボールをを使った作品で

今までのまなかの作品がまた少し新しくなって

作品に深みが出てきたぁって思いました★

かっこよかったょ☆

新しいマナカラーになってきたね☆笑
 (まなかカラーの事。略してマナカラー(・∀・)ノ)


でも、本当に専門学校時代、一緒にイベントやったり、

アートマーケットに参加したり、

まなかすオープンしたり、(笑)

一緒に路上やったり、一緒に先生の所へ作品を持って行ったり・・・

まなかがいなぃ学校生活は考えられなかったょ。


本当に本当に出逢えてよかったょ♪


まなかとかすみは全く正反対の性格で、

趣味だって正反対。


なのに、まなかと一緒にいると、すごく落ち着いたんだょ♪

気を使う事もなく、

作品を作ってる時に側にいても、

全然気にならなかったんだ♪



まなかちょん、あの五階で一緒に卒業制作したの楽しかったね☆

二人してあの作業場でお昼寝しちゃって、

授業の出席に間に合わなくて怒られたよね。笑


飾らない、面白いまなかが大好きだょ♪


また一緒に、モエレやケーキバイキング行こうね♪





まなかちょん・・・てんてんでからかってごめんね。笑


怖いもの知らずのまなかちょん・・・





e0142346_1444863.jpg




そんなまなかちょんは・・・



e0142346_1453467.jpg




   てんてんがきらぃ。   笑


 (動くぬいぐるみが大嫌いなんだって。笑)



でも、てんとでんは久しぶりにまなかに会えて喜んでたょ♪



目指すべき場所は同じ!!!

まなかちょん、一緒に頑張っていこうね!!!!


春展のご案内です♪↓

********************************************************

春展08 Spring Exhibition 4月8日(火)〜13(日)

OPEN11:00~19:00 観覧無料

場所:ART-MANgallery
http://g-art-man.com/
札幌市中央区南4条東4丁目1-4
地下鉄東西線バスセンター駅より徒歩5分
/テレビ塔より自転車なら5分程度(徒歩なら12分位)
カレー屋さんの隣です。

【参加作家】
Sali

田村まなか
菊池亜沙美
今年の春展は蝶を主体にモノクロでリアルなラインで描くSali.
蓮はオリジナルの構図にポップな配色のラインで作品を制作。
春専門学校を卒業した田村まなかはパッションある抽象作品を制作。
菊池亜沙美は新作の絵画も含め奥行きのある銅版画作品も展示の予定だ。
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-10 00:50 | 日々のこと。
  北都館♪


今日、お母さんと、お姉ちゃんと三人で

琴似にある喫茶店、

『北都館』へ行って、ランチを食べてきました♪

食後にはコーヒーも付いて、

シフォンケーキは半額♪♪

美味しかったな☆

私が食べたのは桃のシフォンケーキ☆★


お母さん、また行こうね♪
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-09 00:39 | 日々のこと。
  花咲き山
今日はずっと家にいて

部屋で新しい作品を作ってました♪



昼間、日差しがぽかぽかしてて気持ちがよかったな♪

そろそろ庭や道端にかわいい花達が顔を出すかな?(^^)





どこからともなく、

頭の中にこんな歌が流れてきました。

それは小学生の時に聴いた歌でした。




『♪ はなさきやーまのはーぁーなは、

       なんで  なんで  さーくーのー?♪』





みなさん、聴いた事ありますか?




私は小学生の時に、学習発表会でこの歌を聴きました。

『花咲き山』という物語の歌です。

そんな歌を思い出しながら、

この物語を一人ゆっくり思い出していました・・・。


斉藤隆介という人が書いた『花咲き山』を。



**************************************************


あやは小さな女の子です。

ある日、山に山菜を採りに行って道に迷ってしまいます。

そして、一面に花の咲いた

花咲き山を見つけます。


そこへ、山姥がきて、その花がどうして咲くのか、

教えてくれます。



『 その花は、ふもとの人間が、やさしいことをすると、

 ひとつ咲く。

 
 つらいのを我慢して、人のために、

 何かをした時に咲く。


 その目の前に咲いている小さな花は、

 お前が咲かせたものだ。

 昨日、お祭りの晴れ着を、

 おっかさんが買ってやると言った時、

 お前は本当は欲しかったのに、

 妹に買ってやってっと、おっかさんにいったべ。

 家が貧しいから、二枚着物を買うのは無理だって、

 お前は分かっていたから、

 我慢してそう言った。


    




       その時、その花は咲いた。   


  


    まわりにある、花全部、そうして咲かせたものだ。 』



あやはそうして、やさしいことをすると咲くという、

ひとつひとつの花の心を考えるのです。



家に帰って、その事を、

おとうや、おっかあに話しますが誰も信じてくれません。

あやはもう一度花咲き山を見つけようとしますが

見つかりません。

しかし、ときどき、心の中に、

今、赤い花が咲いたなって思うことがあるのです。





    自分ことよりも先に人の事を考えたら

                 赤い花が咲く。

      つらいのを我慢して、人の事を思ったら、

                  赤い花が咲く。



              『花咲き山』 斉藤隆介

*********************************************





この話を知ってから、私も時々、


『今、花咲き山に花が咲いたかな?』って


心の中で思う事があります。



自分がした事で、相手が笑顔を見せてくれたら

それほど嬉しいことはないですよね。



だけど、みんなにみんなにって思うと、

それはやっぱり難しいことで

時には、自分が苦しくなって、

空回りしてしまうこともあると思うんです。



だから、無理をしないで、たくさんの人にって

考えて、焦るより、

まずは、今、目の前にいる、

自分にとってすごく大切な人に

精一杯に、自分ができる事をしてあげたぃって思ぅ♪(^^)




   

     花咲き山にひとつでも多くの花が咲くように。



        
e0142346_21301645.jpg



過去に、花咲き山を想って作った作品です♪


今日は花咲き山に花は咲いたかな?
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-08 21:36 | 作品
 似顔絵色紙♪(・∀・)ノ
今日は、眼鏡やさんの『山一屋』さんへ行って、

社員さん方の名前と似顔絵とその人へ向けた言葉を

入れた色紙を描いてきました♪

ちょっと緊張したけど、

みんな温かい人達で、

とても楽しかったょ♪




似顔絵を描く部屋に行ったら、

看板犬のプリンちゃんがお迎えしてくれたょ♪



今日は5人の社員さんの色紙を描いてきました♪


e0142346_20452091.jpg






ちなみにこれがかわいぃ看板犬ちゃんたちのイラストを

入れて描いた色紙です♪↓


e0142346_20473870.jpg



山一屋のみなさん♪ありがとうございました♪

山一屋さんホームページです♪↓


http://www.yamaichiya.com/index.html
[PR]
by kasumi231art | 2008-04-07 20:37 | 作品
 春の芽 〜“時間”〜


今日は河川敷の方を一人ずっと散歩してきました♪

やっぱりまだちょっと寒いですね。

耳がちめたかった・・・(・⊥・)3ヾ




優しいキミドリ色したフキノトウが芽を出しましたょ。

寒い冬を雪の下で耐えながら、

今、新しい息吹が聞こえてきましたょ♪




橋の上からじっと流れる川を見つめていました。

橋の下から、勢いよく、水面ぎりぎりを飛んで行った一羽の鳥も、

芽を出したフキノトウ達も、

橋の上で吹いたあの風たちも、

転がっていたちょっと汚れた野球ボールくんも、



みんなみんな暖かな春の兆しに喜んでいるのかな♪




こんな事を歩きながら思い出していました。



確か・・・中学校の修学旅行の時の事でした。





中学校の修学旅行では、宮沢賢治の古里、岩手に行きました。

宮沢賢治が好きだった私はとても嬉しかったです。

岩手の花巻はとても素敵なところでした。


歩いて回ったり、バスで回ったり・・・

3泊4日(だったかな?)の修学旅行では、

それぞれのクラスのバスの番号が決まっていて、

1クラスにバス一台、一人の運転手さんと、一人のバスガイドさんが

今回の修学旅行が終わるまで担当してくれました。



私のクラスのバスガイドさんを担当してくれた方は

雰囲気がよくて、

好きだったのを覚えています。


みんながすやすや寝ながら移動してる時も

私は、起きて、バスガイドさんの話を聞いていました。


楽しかった修学旅行も終わりに近づき、

バスガイドさんとももうすぐお別れという時、

バスガイドさんが話してくれた言葉です。


『みなさん、お疲れさまでした。

修学旅行も終わりに近づき、皆さんともお別れの時です。

私から最後にこんな話をみなさんにしたいと思います。



私たちは、みんなが平等を感じる訳ではありません。

勉強が出来る子もいれば、出来ない子もいるし、

運動が得意な子、得意ではない子、

背が大きい子、低い子、

裕福な子、そうではない子、

それぞれがいて、人を羨ましくも思ったりしますよね。



だけど、ただ一つ、神様は皆さんに平等に与えたものがあります。


  


      それは“時間”です。




 時間だけは、皆さん、誰もが平等与えられました。


 その時間をどう過ごすかは、

    みなさん自分次第です。



平等に与えられたその“時間”を


   大切に生きてください。




この旅で、長い時間、私のお話を聞いてくださいまして、

ありがとうございました。


では、また会える日を楽しみにお待ちしております。』






雪が解けて、少し流れが強くなった川を

橋の上から一人見つめながら、

6年前に、バスガイドさんが話してくれたあの言葉を

思い出していました。





“平等に与えられたその“時間”を、大切に生きてください。”




大切なのは、“今”を

この今流れる“時間”を大切にする事だった。



過ぎた過去ではなくて、


まだ見ぬ未来でもなくて、


確実にある“今この時間”




たった一度しかないこの今を大切にしなくては。


過ぎてしまったら、それで終わりなんだもの。



頑張るとこも、休むことも、どちらとも大切。



一度しかない自分の人生だもの。


   


後悔なんてしたくなぃから、




やりたいように、やったもんがち♪笑










こんな木見つけましたょ♪

ほわほわしてて気持ちそう♪

この木の名前、なんて言うんだろぅ?



e0142346_22382661.jpg

[PR]
by kasumi231art | 2008-04-05 22:43 | 日々のこと。