カテゴリ:日々のこと。( 202 )
いのち
風邪を引きました(><;)

弱っているときは・・・精神的にも弱くなってマイナスなことばかり

考えてしまうものですね↓


でも風邪を引くと、



健康である自分に感謝できるものです♪



夜に見たテレビで、“小児がん”と闘った小さな命のお話をみました。

苦しさと闘いながらもその子は必死に生きていました。


危篤状態になりながらも、必死に生きる我が子を見たお母さんは、

側にいた看護婦さんに、自分の束ねていた髪をハサミで切ってもらい、

その子の手に握らせてあげてました。



最後は愛する家族の腕の中で


『愛しているよ。愛しているよ。』


と、何度も何度も呼びかけられ、天国へ旅立っていきました。



一つの尊い命を助けるの為に人間は、生きることができるのに、

一方で、一瞬にして命を奪おうとする戦争があって・・・


一体なんなんだろぅ・・・と思います。








そのテレビの中でこんな言葉が流れてきました。


『いのちは限りがあるから、だからこそ大切だということ。』



最近よく思います。

普段は自分が生きていることに、相手が生きていてくれることに

あたり前になってしまっているけど、

ふっと、姿が見えない時、側にいない時に、




   今、同じ時を生きていてくれる、ただそれだけでいい、と。





あたり前だと思えることを、心から幸せに思って、

与えられたもの全て、感謝して受け入れて、




そうやって生きていきたいと思います♪



限りある、そして大いなる生命の営みの中で、



生かされていること、


生きていてくれてること、


心から愛していきたいです♪



写真は去年の春の終わりに留寿都で撮影したものです♪
[PR]
by kasumi231art | 2008-03-04 20:31 | 日々のこと。
森  人  あたたかい♪
先日、森へ散歩へ行ってきました♪

暖かく、木々の隙間から溢れる光がとても綺麗で、

鳥が木をつつく音が静かに森に響いてました。

目には見えないけれど、たしかに春は近づいてるんですね♪




卒業制作中のお話です♪

私は卒業制作はずっと廊下で制作をしていました。

なんせ大きい作品で・・教室では作業ができないため・・・。笑


ある日、作業の途中、絵の具が飛んで、いつの間にか汚れてしまった

廊下の床を、濡らしたティッシュでごしごし拭いて、

汚れを落としていました。


そこへ、一人の女の子が近づいてきたのです。

その子は隣のクラスの女の子でした。

一度も喋ったことはなかった子でした。


『これよかったら使ってください。』

どこからか、私が廊下を拭いているの見ていたのでしょう。

一枚の雑巾を差し出してくれました。

『ありがとう!!』


心の中がじーんと、あたたかくなりました(^^)



また、ある時、

混んだバスの中、

『どうぞ』と笑顔で席を譲った人を見て・・・。


また心があたたかくなりました。


そして、またある時、卒業制作中、

寒い廊下で作業をしていた時、

『寒くないかい?』と、声をかけてくれた一言に


またまたこころはあたたかくなりました。


そんな時いつも思います。





人間ってあたたかいなぁ。と。



そして、自分もそんな、“人間”であることに嬉しく思い、

ちょっと誇らしくも思います。



ほんのささいな言葉が、行動が、


こんなにも人を幸せな気持ちにできるんですね♪

e0142346_232630.jpg

[PR]
by kasumi231art | 2008-03-03 23:17 | 日々のこと。