七月七日物語。
e0142346_13545640.jpg


昔作った私の作品です(^^)

『七月七日物語』って作品なのです(^^)ノ

今日は七月七日・・・七夕ですね。



日本には七夕の物語がありますよね。

こと座のベガである、織姫星(織女星)と、わし座のアルタイルである夏彦星。

織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘でありました。

夏彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めたのです。

二人は夫婦となりましたが、夫婦生活がとても楽しく、

織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなってしまったのです。

そんな二人に天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離してしまいました。

1年に1度の7月7日だけ、会うことが許されていたのです。

しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、

織姫は天の川渡ることができず夏彦と会うことができなくなってしまいます。

その時は、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、

天の川に自分の体で橋を架けてくれるというお話です。

星の逢引であることから、

七夕には星あい (星合い、星合) という別名があるようです(^^)

また、この日に降る雨は“催涙雨”とも呼ばれるそうです。




ぁ・・・今日は雨が降ってますね。

催涙雨ですね。


今夜、星空は見えるかな。

今日雨が降ってる。

織姫と夏彦は逢えるかな?

織姫は天の川を渡る事が出来るかな?


でもきっと天の川に無数のカササギが飛んで来て、

橋を架けてくれるんだろうな(^^)



去年は織姫と彦星を見る事ができましたょ(^^)

ふたつ星は、綺麗にやさしく輝いて、

見つめ合っていましたょ(^^)



今夜は星が見えるかな・・・。

天の川が見たいな。

織姫星と彦星に会いたいな。
[PR]
by kasumi231art | 2008-07-07 14:12 | 作品
<< 7月7日、七夕だょ♪  北海道大学限定版ポストカード! >>