北の国から30周年
るーるるる、るーるるる、

今年で【北の国から】が30周年を迎えたとのことで、
そのポスターを描かせて頂きました


e0142346_2342056.jpg



6月だったかな?(もうかなり時間経ってしまったが。笑)
6月の終わりに札幌駅の地下歩行空間(って名前でいいんだっけか?笑)

で、土日に富良野観光協会の方達が来ていて、
北の国からの30周年の記念イベントの告知 のPR活動をしてました



e0142346_23451243.jpg


ポスターいっぱい!



私は土曜日の日にその中に紛れて一緒に立ってたんです。

“草太語録”のパーカーをもらって、
キャンドル体験コーナーにおりました。



e0142346_23474659.jpg


この絵、カタワレサガシを見て下さった方は
『ん!?』って気付いてくれる人いるかな?*v*

そうです!あのページです!*v*


『氣がつけば今 五郎の生き方』


私も北の国からのいろんな場面や言葉、心に残ってます、
でも、今の自分にとって、
一番心に強くあるのは、

蛍と純と五郎さんが、正吉を駅まで見送りにいって、
帰りにラーメン屋さんに入って、
五郎さんが話した言葉だなぁ、、、、じーん。。。


そして
そのイベントでまた繋がったことがあって、
それはまた後日ご報告します♪


e0142346_003183.jpg


五郎さんもいたょ(ん?五郎さん?)


あと、富良野にはこのポスターいっぱいあって
すごい大きいのもあるょ!

これは富良野観光協会の方が送ってくれた写真!
↓これ富良野!演劇工場に向かう途中の道だょ!

e0142346_012941.jpg



この30周年で出された本『独白「北の国から」ノーツ』私も読みましたが
是非!

そうだ、、、このイベントの時、不思議な事があったんだ、
不思議というか、


このイベントで立ってる時に
一人のおじさんに会いました。

ずっとキャンドル体験コーナーをみていたので、

『キャンドル体験してみませんか?』って声かけてみたんです。

『いやぁ〜いいょ〜』って笑って答えてくれたんですが、

そしたら

私の顔じーってみて、

『あなた、芸術系でしょ、絵描いてるでしょ』と。


『あっ!!!*_*』


もちろん私の名前も知らないし、そこでばったりと会った人
でも
そこからはいろいろ話してくれましたょ、びっくりすることも。


おじさんは最後に、


『じゃぁ、またどこかで会うからねー』と言って
人ごみの中へ消えていきました。


私もきっとおじさんにどこかでまた会う気がします。



でもね、おじさん、



おじさんはきっと覚えてないと思うけど、



私はおじさんに、4年前にも一度会ってるょ。



この日のと同じように、おじさんが話しかけてきて。








次に会うのはどこだろか。
[PR]
by kasumi231art | 2011-08-30 00:21 | 作品
<< 絵本 風と樹とスケッチ >>