一部
自分は1人しかいないけど、

いろんな事考えて、何かを見つめて

思いを話していると、心の中にもう1人の自分がいて

そんな自分と話すような、その姿をみるような錯覚になる事がある

そんな時、

その自分は何を見てなにを考えてるのか、

問うように、その背中を見るんだ


暗い中にいて、時には明るい中にいて、うつむいたり、顔を上げていたり。



自分の中に闇はある。闇はあるけど、光もある。

自分が一人しかいないのなら、

光も闇も影も全てが自分の一部であって。


それを否定していたら、見失いそうになる。

否定と甘えは違う。


あと、どれくらいここにいようか。






e0142346_2314516.jpg

[PR]
by kasumi231art | 2009-10-29 23:15 | 日々のこと。
<< 一針  打ち上げー♪ >>